ハーブティー代表格、カモミールの効能

ハーブティーの種類は、それこそ数え切れないほどあります。
世界中には数百種類ものハーブがあるわけですから、ハーブティーの種類がそれだけ多いのも当然なんですが。
そんな数あるハーブティーの中でも一番知名度が高く、ハーブティーの代表格と言えるのがカモミールではないでしょうか。


カモミールは古代エジプトの時代から利用されてきたハーブで、ハーブの中でもかなり古い歴史を持つハーブといえます。
長い長い年月の間、世界中でカモミールが愛用されてきたのには、カモミールというハーブの持つ効能に理由があるのかもしれません。


ハーブにはそれぞれ効能がありますが、カモミールにも様々な効能があります。

体調を整える効能や精神を安定させてくれるリラックス効果、抗炎症作用、アレルギーを改善する作用など。

ヨーロッパでは子供の万能薬とまで言われているハーブ、それがカモミールなんです。


ちなみに、このカモミール、製油したものをやけどの時に塗ると非常に効果が高いそうです。

ハーブなのに薬としても使えるんですね。

すごいです!


ハーブの代表格、カモミール。
飲むことで身体の内側から、塗ることで身体の外側から、両方から効果を発揮してくれるスグレもののハーブ。

ハーブティーとしてはもちろん、あらゆる形でカモミールを暮らしに取り入れたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61103914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。